コロナ ノストラダムス。 コロナを想うと『ノストラダムスの大予言』を思い出した。~空から恐怖の大王が降ってくる~

“バルカン半島のノストラダムス”がまた予言的中!?「トランプ大統領コロナ感染も当てた!」と騒動

ノストラダムス コロナ

💅 待望のワクチンも普及する兆しが見えはじめたし、来年はぜひともいい年になってもらいたいものだが. 「ブルガリアでは人気を誇るが、彼女の予言は明確なものが少ない。 ノストラダムスの『予言集』(百詩篇)の第10巻72番の直訳はこうなります。 ノストラダムス自身が生前に執筆していた可能性も十分にあるからです。

5

ノストラダムスのコロナの予言を発見!的中か?3つの四行詩の真実【新型コロナウイルス】

ノストラダムス コロナ

😍 (「ノストラダムスwiki」より) 画像は「getty images」より 「ペスト」と訳されている部分は英語訳では「plague(疫病)」となっているため、いわゆるペストだけでなく伝染性の病気を指していると考えて良いだろう。 「悪魔的未来人」が世界同時多発的にウイルスをばらまいて、世界の人口を3分の1に減らしたうえで支配する、というシナリオが語られている。

6

『ノストラダムスの大予言』時代はなんと平和だったのか! コロナ騒動を「予言していた!」と言い出す者に今後は要注意|中川淳一郎 (2020年3月31日)

ノストラダムス コロナ

🚀 しかし、翌年の2013年にオリンピックの開催が東京に決定。 日に日に広まってゆくコロナウィルスに、なすすべなく憂いているオロチです。 しかし、ノストラダムスの予言は恐ろしいほど的中したのも事実だ。

16

聖徳太子2020年の予言は「新型コロナウイルス」だった! 首都は東北に移転か…秋山眞人氏の予言解釈が大的中!

ノストラダムス コロナ

👈 10月は、予言詩が書かれた時代の旧暦だと11月ごろ。 つまり新型コロナウイルスまでも予言していると言えるでしょう。 題名だけ見れば、新型コロナウイルス流行後の世界的な株価の下落を的中させたかのようだが、本書では米中・米朝の軍事的・経済的情勢の悪化に原因が求められており、疫病の流行は一切登場していない。

4

最新ウイルス対策を公開!ノストラダムスが新型コロナウイルスからアナタの家族を守ってくれる、その訳とは?|ヒロ@高免疫でウイルス・花粉症から家族を守る|note

ノストラダムス コロナ

🐾 世界各地からホットなミステリー・ニュースを日本のムー民たちにお届け! 今回は流行が懸念される新型コロナウイルス肺炎についてのノストラダムス予言を緊急紹介。

19

コロナを想うと『ノストラダムスの大予言』を思い出した。~空から恐怖の大王が降ってくる~

ノストラダムス コロナ

⚡ 「天有眼、地有眼、人人都有一雙眼(天に眼あり、地に眼あり。 さらに今回、注目を集めたのは「大統領が『不思議な病気』によって不自由になるだろう」との予言だ。 たとえば、以下のような形である。

15