保険 業法。 保険業法施行令

保険業法(平成7年6月7日法律第105号)

業法 保険

👀。 II -2-2 ソルベンシー・マージン比率の適切性(早期是正措置)• V -4-2 関係募集人との関係• 第3節 会社分割• )の保有する当該保険会社等の議決権の数 (当該共同保有者が前各号に掲げる者であるときは、それぞれ当該各号に定める数)を合算した数 (以下この号において 「共同保有議決権数」という。

3

保険業法(平成7年6月7日法律第105号) 第121条(保険計理人の職務)

業法 保険

🎇 銀行法施行規則等の一部を改正する内閣府令• 31 施行• )及び招集の理由を示して、総代会の招集を請求することができる。 第4節 保険業の廃止等• 令和元年6月7日 法律第28号 情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律• 保険金受取人 保険給付を受ける者として保険契約者に指定された者で、個人(自然人)・法人がなることができ、複数人も可能です 保険法によるおもな改定項目と内容 共済契約の適用 商法では共済は適用外でしたが、保険法では適用範囲が拡大され、共済契約も保険法が適用されます。 IV -5-1 保険料• II -4-8 取引時確認等の措置• 02 施行• 第53条の11 会社法第342条の2第1項から第3項まで (監査等委員である取締役等の選任等についての意見の陳述)の規定は相互会社の監査等委員である取締役の選任若しくは解任又は辞任についての意見の陳述について、同条第4項の規定は相互会社の監査等委員である取締役以外の取締役の選任若しくは解任又は辞任についての意見の陳述について、同法第343条 (第4項を除く。

10

保険業法施行令

業法 保険

😛 IV -1-11 法人等向け保険商品の設計上の留意点• IV -3-4 事業活動損害保険等の取扱い• 平成26年5月30日 法律第45号 保険業法等の一部を改正する法律• VII -4-2 グループ外部委託態勢• 保険業法 平成7年6月7日法律第105号 第294条の3 業務運営に関する措置 保険募集人は、保険募集の業務 自らが保険募集を行った団体保険に係る保険契約に加入させるための行為に係る業務その他の保険募集の業務に密接に関連する業務を含む。 ) (議決権の代理行使)の規定は、第1項の場合について準用する。 V -1-11 保険募集に従事する役員又は使用人の届出の取扱い• )」と、同項第1号中「第28条第1号又は第2号」とあるのは「保険業法第24条第1項第1号」と、同条第3項中「第33条第10項第3号」とあるのは「保険業法第24条第2項において準用する第33条第10項第3号」と、同法第103条第4項中「第57条第1項の募集をした場合において、当該募集」とあるのは「保険業法第27条又は第30条の6第1項の募集」と、「及び前三項」とあるのは「(第52条第2項第2号及び第52条の2を除く。

12

保険業法

業法 保険

😅 )の千分の三(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上に相当する数の社員(特定相互会社にあっては、保険業法第38条第1項に規定する政令で定める数以上の社員)が第3項」と、「とき(株式会社に最終完全親会社等がある場合において、第1項の規定による定款の定めに基づき免除しようとする責任が特定責任であるときにあっては、当該株式会社の総株主(第3項の責任を負う役員等であるものを除く。 (平成二十七年政令第二百四十一号)• 生命保険会社が保険金信託業務を行おうとする場合には、当該生命保険会社は、その方法を定めて、内閣総理大臣の認可を受けなければならない。 以下この号において 「合算議決権数」という。

保険法とは?|わかりやすくFP解説

業法 保険

🐲 2 会社法第401条第2項から第4項まで (委員の解職等)、第868条第1項 (非訟事件の管轄)、第870条第1項 (第1号に係る部分に限る。 第3目 新設合併設立株式会社の手続• (平成三十年内閣府令第二十二号)• 01 施行• )の決議に係る株主総会(会社法第447条第3項(資本金の額の減少)又は第448条第3項(準備金の額の減少)に規定する場合にあっては、取締役会)の会日の2週間前から資本金等の額の減少の効力を生じた日後6月を経過する日まで」とあるのは「第57条第1項の場合には、相互会社は、同項の決議に係る社員総会(総代会を設けているときは、総代会)の会日の2週間前から基金償却積立金の取崩しをした日後6月を経過する日まで」と、第17条第1項中「株式会社が資本金等の額を減少する場合(減少する準備金の額の全部を資本金とする場合を除く。

16

保険業法(平成7年6月7日法律第105号) 第99条

業法 保険

🔥 ) (不服申立ての制限)、第875条 (非訟事件手続法の規定の適用除外)及び第876条 (最高裁判所規則)の規定は、相互会社の定款に前項各号に掲げる事項についての記載又は記録があるときの検査役による当該事項の調査について準用する。

9

保険業法

業法 保険

😒 ) (陳述の聴取)、第870条の2 (申立書の写しの送付等)、第871条本文 (理由の付記)、第872条 (第5号に係る部分に限る。 VII -3-1 意義• 第四節 雑則(第二百七十一条の三十二・第二百七十一条の三十三)• )との間で行う売買について、同編第3章 (交互計算)の規定は相互会社が平常取引をする者との間で行う相殺に係る契約について、同編第5章 (第545条を除く。

19